病院に行きたくない!切らずに痔は治せるのか頑張ってみた結果、なんとか症状を抑える事に成功

ねこだま
こんにちわ!@ねこだまです。
以前の記事で、他人にお尻を晒すのも、お尻仲間ができるのも耐えられそうにないと判断した私は痔の通院治療は無理(*>д<*)ムリー!と諦めてしまいました。

でも自然治癒するわけでもなく、かと言って放っておくわけにもいかない位に、不便・不快な思いをするようになっていったのです。。。

痔の症状に効くオシリアを買ってみた

何かにつけて、「あ、なんか出た!」と感じたり、腫れがひどい時にはジンジンと痛みがあったり。。。

痔は切らないと治らないと言われているけど、アラフォーになっても通院することに抵抗があった私は、どうにかセルフメディケーションできないかとわらをもすがる思い。

駄目かもとで、amazon様で検索。購入したのはオシリア
この、いかにもなネーミングはどうなのよ!って思ったけども・・・。
他のものと成分の違い等を調べてみたけど、あまり大きな違いはないと素人目には感じたので値段の安さで決めました。

とにかく患部にオシリアを塗り込みました

お尻が一番清潔なタイミング(私の場合は朝のシャワー後)でオシリアを塗布。

塗り込みましたと書いたとおり、痛いと感じない程度に清潔な指を差し入れて(小心者なので人差し指第一関節の半分程度)なるべく患部に薬の成分が届くように意識しました。

すると、抗炎症剤が含まれているためか腫れて痛みを感じるような感覚はすぐに治まりましたー。その後も、こまめに塗りこみ続けていたら、現在のところ運良く再発はしていません! 治ったと言うよりも、症状を緩和させた状態を保ったことで、治まったという方が正しいのかなと思います。

オシリアの常用は10日まで

10日間くらい使用しても症状がよくならない場合は使用を中止して医師に相談。と但書にも書かれています。私のような 常用は良くないと思います!
病院に行くまでの応急処置として正しくお使いください

オシリアの成分

●効能・効果
きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和および消毒
●用法・用量
適量をとり、肛門部に塗布する。なお、 1日3回まで使用できる
●成分・分量
100g中
・成分:ヒドロコルチゾン酢酸エステル
分量:0.5g
はたらき:(抗炎症剤)炎症をおさえ、かゆみ・はれ・出血をしずめます
・成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩
分量:1.0g
はたらき:(抗ヒスタミン剤)かゆみの発生を抑えます
・成分:リドカイン
分量:3.0g
はたらき:(局所麻酔剤)知覚神経を麻痺させ、痛み・かゆみを緩和します
・成分:イソプロピルメチルフェノール
分量:0.1g
はたらき:(殺菌剤)患部を殺菌し、細菌の感染を防ぎます
・成分:トコフェロール酢酸エステル
分量:3.0g
はたらき:(ビタミンE)新陳代謝を高め、皮ふの生理機能を改善します ●使用上の注意

オシリア 10g