フィギュアのジャンプは6種類。違いをまとめました。アクセルだけは覚えやすそう。

フィギュアのジャンプは6種類。アクセルだけは覚えれそう。
ねこだま
こんにちわ!@ねこだまです!

毎日フィギュア盛り上がっていますね。私も好きでよく見ているのですが、解説の方が言っているいろいろなジャンプの違いがよく分かっていません。。。そこで、フィギュアの試合をもっと楽しんで見れるようにジャンプの違いを調べてみました。

フィギュアスケートのジャンプは6種類

6種類しか無いと言うのは素人目には意外でしたが、こちらの動画が完結にまとまっていました。
※以下に続く画像は上記動画のスクショです。

トウループ

 後ろ向きに右足で滑り踏み切って、後ろ向きに左足の爪先で飛ぶ

サルコー

後ろ向きに右足で滑り踏み切って、後ろ向きに左足で飛ぶ。内またが「ハの字」になる。

ループ

後ろ向きに右足で滑ってきて、後ろ向きに右足で飛ぶ。飛ぶ瞬間は腰掛けるようになる。

フリップとルッツ

・フリップ
後ろ向きに左足で滑り、後ろ向きに右足の爪先で飛ぶ
・ルッツ
前向きに左足で滑り、回転をかけ後ろ向きになり右足のつま先で飛ぶ

アクセル

前向きに左足で滑り、そのまま左足で前向きに飛んで後ろ向きに着地

難易度

先に書いた順で難易度があがるので、加点も高いようです。
  • トゥループ(難易度低)
  • サルコー
  • ループ
  • フリップ
  • ルッツ
  • アクセル (難易度高)

あらためて見直しても難しいけど・・・

と説明された後に演技を見ても、動きが早すぎて素人にはさっぱり判別が付きませんでしが・・・。

とりあえず、
前向きにジャンプするアクセルは、加点が高いフィーバーな技とだけ覚えました!ちなみに、羽生結弦選手の得意技は トリプル(3回転)アクセル。明日のフリーで知ったかぶりできるかも!


羽生結弦選手はもぅ何も言うことが無いくらい反則的に素晴らしい選手ですが、個人的には、独創性の凄かった 町田樹さんの演技が大好きでした。引退されましたが、今回は解説で活躍されています。