大阪市は「自転車保険加入」義務化。シンプルでポイントも貯まる『楽天節約タイプ』に加入しました。

ねこだま
こんにちわ!@ねこだまです。
大阪市は自転車保険の加入が2016年から義務化されています。自転車を購入したお店で加入する事が多いと思うのですが、楽天が販売している保険の方がクレカ払いで来て、ポイントが貯まるのでお得です。本日は夫が加入している自転車保険をご紹介します。

自転車保険は個人賠償責任保険のこと

自転車保険とは 、個人賠償責任補償が特約で付く傷害保険または個人賠償責任保険のことで、自転車運転中のケガで入院・通院した場合のご自身の補償と、相手にケガを負わせてしまった場合の損害賠償に備えられます。「 自転車保険」という呼び方は保険会社によって異なり、自転車事故以外の補償にも対応しています
自転車保険 | 事故に備えて補償内容を知っておこう!【保険市場】
この、自転車事故以外の補償にも対応。というところがポイントで、第三者の身体や財物を傷つけたときの損害賠償金が補償内容に含まれています。
例えば、
  1. 犬の散歩中、他人に噛みついてケガをさせてしまった
  2. その他にもいろいろ他人に誤ってケガをさせてしまった
  3. お店で商品を意図せず壊してしまった
というような、 日常生活の中で、事故やトラブルを起こして損害賠償をすることなった場合も保証される個人賠償責任保険が保証内容に付帯されています。

2016年から大阪市は自転車保険の加入が義務化

今のところ加入せずとも、罰則は無いようですが、大阪市は 自転車保険の加入が義務化さています。

私は、基本的に入院等の保険加入は貯蓄があれば必要ないと思っているのですが、

子供が乗っていた自転車で高齢者にぶつかり、賠償金額 9,521万円

という前例もありますし、万が一他人に追わせたケガの高額な補償額は持ち合わせていない。。。ので、個人賠償責任保険(自転車保険)に加入中です。

複数加入しても保険金は1箇所からしか受け取れないので注意

車の保険や、生命保険・入院保険に入っている場合は、オプションで「個人賠償責任保険」が 付加されている場合が多いです

数カ所に加入して特約料金を支払っていても、 一箇所からしか保険は降りないので、別途自転車保険に加入するのは無駄払いになってしまいます。

今現在、加入している保険の内容を確認してから、自転車保険に加入を検討してください!

我が家では、夫の加入している保険の見直しを行った際に、 特約などの無いシンプルな保険に切り替えたので、個人賠償責任保険(自転車保険)だけ別途加入しました。

楽天 超簡単保険が簡単申込でお得でした


個人賠償責任保険は、そもそも数百円と金額は安いのですが、それ単体で入れる保険はめずらしいと思いました。

楽天グループの団体保険なので、保険料もかなり抑えられています。
  • 年払いなら 1960円
  • 月払いでも 月額170円
  • 補償金額は最大1億円
年間2000円程度の出費で、万が一の時に最大1億円の保証は手厚いです。また、何もなかったとしても年間2000円の掛け捨てなら「保険代」として許容範囲かと思います。

契約はネットショッピング感覚で簡単 

コスト削減型保険なので、楽天会員なら、 カートに入れて決済するだけで契約完了します。契約書などはネットで閲覧するだけですが、いろいろ記入したりすることもないので、気軽にすぐ加入完了できます。
この他にも、家族プランや、保証がもっと手厚いプラン・月額払いもありますので、家族人数・自転車に乗る人数等に合わせてベストな選択が可能です。