ゆで卵失敗しちゃう?ティファールで簡単つるつる技♪

いざ自分でやろうと思ったらうまくいかない事がよくあったゆで卵。 なかなかコツが掴めなくて、結局ボロボロの卵になってしまっていましたが、今は手間なしでつるつるゆで卵が作れます!

ゆで卵失敗しちゃう?ティファールで簡単つるつる技♪
こんにちわ!ねこだまです。

自分で炊事をし始めた頃、実家にいた時は普通に食べてたものが、いざ自分でやろうと思ったらうまくいかない事が恥ずかしながらよくありました。その一つが『ゆで卵』

どうやって茹でたらつるんと殻が剥けるのかコツが掴めなくて、いつもボロボロの卵になってしまうんです。。。でも、今は手間なしでつるつるゆで卵が作れまーす!

鍋で作るゆで卵はボロボロ率が高かった。

たかがゆで卵、されどゆで卵。

たまーに食べたくなる時、たまーに料理で使いたい時、

1個や2個だけゆで卵作るのって面倒くさいっ。

だいたい、私は「水から何分でなんちゃら~~」とかレシピ通りに細かい段取りをふむことが嫌いなズボラ主婦なのです。

なので、8割強の確率で、(水で冷やすと良いとか、よく言われてることはやっていたつもりでも)上の画像のようにボロッボロの卵ちゃんなっていました。

ティファールで作ったゆで卵がめちゃ完璧

ある日、ネットで知った『ティファール(電気ケトル)で作るゆで卵』

えーまぢでー?爆発とかしないのー???

と思ったのですが、ものは試しに一度やってみたら、

ゆで卵失敗しちゃう?ティファールで簡単つるつる技♪
こんな感じの♥つるつるゆで卵

水で冷やすとかそんな手間なしに、スイッチを入れて放っておくだけで、つるん✨と殻が剥けるゆで卵が出来上がったのですー♪

唯一のポイントは「お尻コツン」だけ

ティファール(電気ケトル)で作るゆで卵は、超簡単です。基本的には卵と水を入れて、スイッチオン。後は忘れた頃に取り出せば良いだけ。

  1. 生卵のお尻の部分(大きい方)をコツンとシンクなどに当ててヒビを入れる。
  2. ティファール(電気ケトル)にそっといれて、全て浸かる位の量の水を入れる。
  3. スイッチオン。
  4. 沸騰してスイッチが切れてからしばらく適当に放置
  5. お湯に気をつけながら卵を取り出す。

これだけ。

コツンとヒビを入れるのは、だいぶん適当で大丈夫です。
かつては針で穴をあけるという面倒なことをしていた時もありましたが、コツンだけで問題なし。(ゴツンと割ってしまっては駄目ですよ)

うちのティファールは0.8Lのタイプ。たぶん他のケトルでも同じ要領で行けるはずです。

最初に入れるヒビの量が大きかったら、

ゆで卵失敗しちゃう?ティファールで簡単つるつる技♪
ヒビが大きいと殻が割れちゃいます

こういう感じのバースト卵ちゃんになってしまうけど、どうせ殻は剥くので大丈夫。放置時間も固茹でにするなら適当で良いです。(感覚としては、熱湯じゃなくなるくらい。)

半熟にしたいなら早めに出せばいいのかもしれないけど、沸騰させてしまう手前、温泉卵っぽい仕上がりはティファール(電気ケトル)のズボラ技では、難しいかもしれません💦

ティファール(電気ケトル)でゆで卵の良い点&悪い点

いいところ
  • 1個から4個くらいまで気軽にすぐできる
  • 殻がきれいに剥ける(なぜかは知らないが)

いまいちなところ

  • バースト卵の時はティファール(電気ケトル)の中を洗った方がいい
  • 固茹で卵以外は微妙

この方法は、かつてチャレンジしたことのある、「レンジとマグカップでゆで卵」よりは断然簡単で、かつキレイにできるので、この方法はオススメでーす。

具の少ないサラダや、見た目が寂しい献立の時など、卵1個あれば彩りがついていー感じになるので、我が家では助かっています(。・∀・。)

とは言っても、正当な使い方ではありませんので、あくまでも自己責任でお願いいたします。
ゆで卵失敗しちゃう?ティファールで簡単つるつる技♪
ゆで卵失敗しちゃう?ティファールで簡単つるつる技♪

フォローしてくださると嬉しいです❤

⚡最新情報を配信中