大根は皮も葉っぱも栄養豊富。捨てずに食べるズボラな節約レシピ

ねこだま
こんにちわ!@ねこだまです。
「大根は捨てるところがない」と言うのは本当で、大根や人参などの根菜類は皮のすぐ近くに一番栄養があるので捨ててしまわずに、ぜひ調理して食べたい部分。


大根は皮も葉っぱも捨てずに使います

我が家では、「大根は捨てるところがない」と誰かしらに言われたのを、律儀に守っていて、皮も葉っぱもなるべく捨てずにお腹に入れています。

以前、大根のツマは捨てないで食べる。と記事にしたことがあるのですが、今週は立派な葉っぱのついた大根を食材に使ったのでリポストします!
刺し身が好きな食べ物のNo.3に入る@ねこだまです。週に1度ぐらいは刺し身パックを買って食すのですが、こーいう話題を見てビビった!ツマって捨てるんですか(´゚д゚`)?

大根の皮や葉っぱに栄養がたくさん

大根や人参などの根菜類は皮のすぐ近くに一番栄養があるので、できるだけ皮を剥くなら薄く、可能であれば皮もまるごと調理して食べたいところ。。。

大根の根の方の部分の栄養は
  • ジオスターゼ … 酵素が消化を助ける
  • イソチオシアネート … 辛味成分 発ガン性物質を抑える
などですが、捨ててしまいがちな葉や茎の部分は日光にあたっているので緑黄色野菜部分。
  • ビタミン類
  • ミネラル
  • カリウム
などの栄養が取れます!特に、皮に近い部分にはビタミンCが豊富。

ズボラな我が家の使い切りレシピ

とは言っても、あまり面倒な事はしたくないので、私はズボラレシピで使い切っています。
下処理はこの雰囲気とかなり同じ様な感じです。
  1. 大根の皮は1~2mm位で千切り・葉っぱ部分はざっくり小口切り
  2. 塩を揉み込んでラップなどして放置(数時間~半日冷蔵庫へ)
  3. 水分をぐいーっと絞る
私は、皮もみじん切りにしたものも混ぜ込んでいます。この基本の浅漬にしたあとは、用途に応じて味付けしたり、何かを足したりします。例えば・・・

大根の葉でふりかけ


大根の葉っぱとじゃこのふりかけ♪ | 雨風食堂さん
レシピでは炒めているけど、私は炒めずに水分を絞った基本の浅漬に、和風だしや醤油などで適宜味付け。

大根の葉で中華風混ぜご飯


中華だし・ごま油・醤油・めんつゆ等と一緒に炊きたてのごはんに混ぜ込みます。ごまやザーサイ・乾燥わかめ・薄揚げなど入れてもいい感じです。

大根の葉で弁当のおにぎり


夫のお昼におにぎりを作るので、我が家ではこの使い方が一番多いかも。すぐに使わない時は基本の浅漬のまま冷凍。使う時は凍ったまま温かいご飯に鰹節を一緒に混ぜ込んで水分を吸収。塩昆布・ゆかりなどを合わせたりします。

人参の皮も使い切る

大根の皮だけでなく、同じような根菜類の人参の皮も使い切ります。
大根の皮はそのままでは分厚いので、剥いて調理するけど、人参においては皮はむかずに綺麗に洗ってそのまま調理することが多いです。

ちらほら出てる根っこが気になる時は包丁の背中側でこすり取ります。火を通したり時間が経つと酸化するのか、少し皮が茶色く変色するので『皮の色が変わって気になるわー』っていう人は、こちらもおすすめ。


大根の皮と人参の皮のキンピラ♪ | そうママさんのお料理
きんぴらにしてしまうと、皮の変色もあまり気にならない。皮も入れて作るとポリポリ感が残るので意外においしくいただけます!

降り続く雨。。。関東の方では雪だとか?どうなってねーん(*_*)

今日は、オットの方のお墓参りに行こうと思ってたけど、我が家は車が無いので、電車と徒歩での移動。うっとうしい天気なので延期しました。
ごはんはお墓参りの帰りに外で済ます予定やったから、今日の献立の予定が無いなー(。-`ω´-)ンー…。

こういうズボラな予定だった日は、ごはんを自分で作るか、デリバリーなどで楽するか非常に迷うところです・・・o(-_-;*)