コンロとシンクの隙間に入る汚れのプチストレス これで解消 ダイソーの便利グッズ IH隙間ガード

ねこだま
こんにちわ!@ねこだまです。
ビルトインコンロとシンク台の間に少し隙間があって、調理中の食材等が入りこんでしまうのがプチストレスだったのですが、100均ダイソーで便利グッズを発見。たった100円ですっきり解消出来ましたー

コンロとシンクの隙間にいろいろはいっちゃうー

私はB型なのですが、ときどきA型か!と思うくらい細かい汚れが気になる時があるんですよねー。汚れを溜めてから後で面倒なことになるのが嫌なのかも知れません。賃貸住まいですし。

現在の住まいはガス・電気共用タイプでビルトインガスコンロがついています。引越してきてから数ヶ月、ずっと気になっていたのがこの隙間に入ってしまうあれやこれや

キッチンの作りは、「コンロ」の右手に→「調理台」→「シンク」となっています。調理台が少し狭めかもしれません。

マステで塞いで見ましたが・・・

私のようなズボラかつダイナミックな調理だと、切った食材の細かい残りや、何かの粉や、取りこぼれた煮汁など…あれやこれやがこの隙間に入っていき、その都度掃除するのですが、結構ストレスでしたー。

賃貸住まいなのでコーキングなどで塞いでしまうのはちょっと。。。ということで、マステを貼ったりも試みたのだけど、コンロの角がアールになっててキレイに貼れないし、色も合わなくてブサイクー(`・ε・´)ムー

で、見つけたのがこれです。

DAISO(ダイソー) IH隙間ガード


『IHの隙間ガード』DAISO様 108円商品。

「IHの隙間に入る汚れをしっかりガード」

まさに、これー!これです。という事で早速購入!封を開けると、ただの丸くて細いシリコンゴムでしたがw

サイズは測りませんでしたが、我が家のガスコンロ(3口コンロの一般的なサイズ)をくるっと全周しても余裕がありましたので、普通は1個買えば十分かなと思います。

IH用との事ですので、耐熱温度が低いのかも知れません。我が家では数ヶ月使っていて、特に問題は無いようですが、あまり長い期間使わずに交換した方がいいと思います!

私のストレスは108円で解消しましたー♪

こちらは我が家のガスコンロに装着した状態です
上記の画像は、実際の画像。こんな感じで
  • 半透明のグレーで目立ちにくい
  • 少しだけ空いている隙間にぴったり

IH隙間ガードの付け方

  1. 歯ブラシなどで一度きっちり汚れを取ってから、ゴムの先端をはめ込んでいきます
  2. 引っ張って力をかけながらぐぐっと押し込みながら回して行きます
  3. 最後はハサミでカット

カットした部分はうまく差し入れることができませんでした。なので、見えにくい奥側などの場所からスタートするほうが良いですねっ。

粘着で止めているのではなくて、隙間に埋め込んでいるだけなので、賃貸でも長い期間放置していなければ、取る時も大丈夫かなーと思います。

すっきり、プチストレス解消しましたー。日々のことなので、こういうのは地味に大事ですよね!

ところで先日買い変えた電子レンジですが。。。
必須家電、電子レンジが天に召されてしまった。。。『ハイアール フラット電子レンジ ヘルツフリー JM-FH18D』は、手入れが簡単なフラットレンジ・シンプル機能・ロープライスの条件にぴったりはまったので急遽買い替えました。

今回はハイスパイマンで自力解体する夫の労力を時給換算すると > 処分費用の方が安かったので、大阪市の粗大ごみに依頼しました。電子レンジの処分費用は400円。まぁ許容範囲です。

ところが、収集日の朝に出していたのに当日、
「電子レンジの回収に来ましたけど、ありませんがお間違いないですか?」
と市の回収業者の方から電話・・・!?

ものの1時間経たずにアイアンマン(鉄物を無断で持ち去る人らのことです。)に持ちさられた模様。
回収業者の方は、よくあることらしい話しぶりでしたが。。。
400円損した気分で非常に不満ですー!ブゥ━━━q(`ε´)━━━!!