大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット

大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット 大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット
大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット 大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット
こんにちわ!ねこだまです。

「歳を重ねるごとにひどくなる下の歯のガタガタの歯並び。。。」
アラフォーですが、思い切って歯列矯正のカウンセリングに行ってきました。

大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット 大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット

ブラケット矯正での期間や費用・40代から歯列矯正を始めるメリットやデメリットについても聞いてきましたのでシェアします。

アラフォーの歯列矯正カウンセリングレポート

歯の定期検診も兼ねていたのでその後に、歯列矯正について、先生から約1時間カウンセリングを受けてきました。

本日は、精密レントゲン等を取らずに、先生の初見(ファーストインプレッション)のみでのご意見です。

40代 私の歯の状態とイメージ画像

まずは、ワタクシの歯の状態。こちらは引用させていただいたレントゲン画像ですが、

大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット 大人の歯列矯正を考える。40代の歯列矯正メリットデメリット
//doclabo.jp/contents/607

このような感じに近くて

  • 顎が小さく
  • 下の前歯がキチキチになってガタガタ(※1 叢生)
  • 上の歯はズレは少なめですが、前歯がわずかに噛み合っていません(※2 オープンバイト)

※1 叢生;そうせい」とは別名「乱杭歯;らんぐいば」といい、歯が重なり合ってデコボコした状態
※2 上下の歯を噛み合わせた時に、上の歯と下の歯の前歯部が噛み合わない状態

抜歯経験はアラフォーの今まで一度も無く、親知らずも4本とも残っているのも原因の1つ。

さらに、親知らずのうち左下は横向きに生えて完全に埋没した親知らず(><)

歯列矯正期間は大人の場合 2~3年

まぁ、想定内でしょうか。

上の歯並びは正直気になっていないし、費用面でも「下の歯だけの矯正でいいんじゃないかなー」と思っていましたが、噛み合わせ矯正の面で、上下の治療が必要とのこと。
ここらへんは、担当医師の治療方針によるのかも知れません。

矯正費用は80万円~100万円

矯正治療の費用は、上下ブラケット矯正で保険外80万円~。歯の状態によりプラスα で
高くなると100万円ほどとのこと。

費用は事前に調べていたので、安すぎず高すぎずの一般的な価格かと思われますが、
・・・・ 80万!

高い!やっぱやめよかな(T_T)

と早速心が揺れました。

40代からの歯列矯正のメリット

私が訪れた歯科医院では、30代・40代から歯列矯正を始める人は結構多いようです。先生も38歳から矯正治療し、上は50歳から矯正治療を始めた患者さんがいたそうです。
大人になってからの矯正治療は
  • 以降50年近く必要になる老後の歯を守るために全く無駄ではない
  • 歯並びが悪い事が原因で起こる歯周病を減らすことが可能
  • 70代、80代でも健康な歯を守ることができる

とおっしゃっていました。
なるほど。確かに納得です。

40代からの歯列矯正のデメリット

ですが、デメリットも。
大人は新陳代謝も遅くなるので、
  • 矯正期間が若い世代より長くなる
  • それにともなって、費用もかかる

これにつきるそうです。
でも、そのかわりに顎が成長しないので、治療計画は立てやすいそうです。(治療期間が予定より長くなる事は少ない)

うーーーーん。とっても悩みます。

私は自分のためにウン十万のお金をかけたことが無いので、即断はできそうにありません。

どうせならもっと若い時にやっておけば良かったー

とは思いますが、若い頃は資金面でもまずやらなかっただろうと思います。
(実際に、歯列矯正なんて考えたことも無かったですし。)

今の歯科医院は、自宅から徒歩3分なのが魅力的です。このしばらくは、スケジュール的にも通える環境があるので、するなら今しかないかも!と思うところもあり。。。

この歯科医院へは、当面の治療でしばらく通うので、院内の雰囲気や、先生や衛生士さんとの相性などの様子を見たいと思います。長く通うことになるなら、そういう事も大切ですよね。

もし歯列矯正をする覚悟を決めたら、経過報告をエントリーさせていただきます!

'.esc_html(get_the_title()).'
'.esc_html(get_the_title()).'

フォローしてくださると嬉しいです❤

⚡最新情報を配信中