時短簡単水溶き不要の片栗粉「とろみちゃん」が便利すぎ。

時短簡単水溶き不要の片栗粉「とろみちゃん」が便利すぎ。 | necodama.net
時短簡単水溶き不要の片栗粉「とろみちゃん」が便利すぎ。 | necodama.net
こんにちわ!ねこだまです。

調理中に必要な頻度は多いのに、なんだか地味にめんどくさい作業の水溶き片栗粉。本日紹介する『とろみちゃん』は、水溶き不要。振りかけるだけでいい感じにとろみをつけれる時短アイデア商品。

 

我が家は、水溶き片栗粉を使うことが多め

我が家では、和食系で「あんかけ〇〇」や中華系の「炒めもの」「スープ」を作る時に片栗粉でとろみを付けることがよくあります。

炒め系の料理は、作り置きを後でレンチンする事が多いので、あんかけ状にしておくと水分が出にくくなって良いですよね。

また、邪道なズボラレシピなのであまりおすすめは出来ませんが、クリーム系の料理には、シチューの素や小麦粉から作らずに、下記の手順で作る事がよくあります。

  1. 顆粒だし(和洋中)で煮込み
  2. 顆粒ミルク(マリームなど)
  3. 適宜味を調整
  4. 最後に水溶き片栗粉でとろみ付け

1回分、一皿分だけ作りたいって言う時にサクッと調理できるので、ちょっと味を変えたいときにも便利です。

〇〇専用調味料はなるべく持たないようにしています

私は料理好きではないので、調味料にもあまりこだわりがないんです。

二人暮らしなのでそもそも消費量が少ないし、使いかけの調味料ばかり増えるのを避けたいのでなので、なるべく「〇〇専用」な調味料は買わないようにしています。

例えばソース。

  1. 「中濃ソース」
  2. 「ウスターソース」
  3. 「お好みソース」
  4. 「焼きそばソース」
  5. 「とんかつソース」
  6. 関西なら「たこ焼きソース」まであります
私は、このソース類を
  • ウスターソース(か、お好みソース)1個で代用

しています。専用のソースは自分で作るよりとっても美味しいのですが、なくてもなんとかなるものです。使い方は、下記の要領で、使う時に適宜味を調整しています。

中濃ソースは、隠し味にも使えると注目されているのです。野菜や果物の甘みがある中濃ソースを使うと味は格段とアップ!手元にない場合は代用できる場合もあります。
macaroni

でも、とろみ付け専用『とろみちゃん』は超絶便利

「〇〇〇粉」も1種類でいいやと思い「米粉」で済ませた時期もありました。結果としては、別に米粉でも

  1. 水溶き片栗粉の代わり
  2. 何かのつなぎにしたり
  3. 揚げ物の粉として使ったり
  4. 粉物系の専用粉の代かわり

などの代用は全然可能でした。

ですが、「米粉」が切れるなーと思っていた時に見かけたのでまた買った『とろみちゃん』は、やっぱり便利なんですー。

水で溶かなくていいのはちょっとでも楽をしたい私には便利だし、何よりも適当に振りかけても

  • ダマが無くいい感じにとろみがつく

のが良いんです。

通常の水溶き片栗粉なら、火を一回止めてから追加するけど、『とろみちゃん』は調理途中に適当に振り入れても、だまになりにくいです。

『とろみちゃん』は離乳食・介護食の時短にも

時短簡単水溶き不要の片栗粉「とろみちゃん」が便利すぎ。 | necodama.net

水で溶く必要がなく、かき混ぜながらサッと振り掛けるととろみがつく便利な商品。「ありそうでなかった便利な子」。容器に書かれたコピー通り、ありそうなのに、それまで誰も考え付かなかったアイデアは、士別市の美田実郎商店が開発したデンプンの付加価値

 

発売は逆上ること2012年頃。

私はその頃、コープの宅配で毎回買っていましたが、最近はイオン等のスーパーでも300円弱で売っていますね。

また、今回あらためて検索したら、離乳食(や介護食)にも便利とのことです。

離乳食作りには欠かせなかったです。いまいち食べな時にもう一度加熱してとろみをつけたりしました。片手で使えるのもいいですね。
顆粒片栗粉とろみちゃん | コープ・デリシェ

200gが300円の片栗粉としてはちょっとだけ、贅沢だけど、1度買えばかなり持つし、とても便利さなのでひとつ置いておきたい調味料ですー。
時短簡単水溶き不要の片栗粉「とろみちゃん」が便利すぎ。 | necodama.net
顆粒片栗粉とろみちゃん

'.esc_html(get_the_title()).'
'.esc_html(get_the_title()).'

フォローしてくださると嬉しいです❤

⚡最新情報を配信中