\\ このサイトについて&自己紹介はこちら //

ロハコで評判の使い捨てダスター「カウンタークロス」でふきんの生乾き対策と私の使い方

こんにちわ!@ねこだまです。
だんだんと雨が多くなるこの季節。どうしてもジメジメしてしまうので台ふきんの衛生面も気になります。かと言って毎回煮沸したり消毒するのは面倒…そんなズボラな我が家ではロハコで評判の使い捨てダスター カウンタークロスを愛用しています。

キッチンで使うふきんはカウンタークロスを愛用

キッチンで使うふきん、何種類に分けて使っていますか?よくあるパターンだとこの3種類でしょうか?
  1. 食器拭き用ふきん
  2. 調理中に使うふきん
  3. 台ふきん
このうち、我が家で使う布巾の使い分けは、食器用と台ふきんの2種類です。調理中に使うふきんは、直接食材を触る時はキッチンペーパー、それ以外は、ハーフティッシュと台ふきんで兼ねています。
箱ティッシュって、1枚じゃ大きいなって思う時ありませんか?かといって、何度も使うのも衛生的にちょっと。。。我が家では気兼ねなくティッシュを使えるように半分に切って使っています。
ほぼ毎日使うものなので、いろいろなタイプのふきんを試していましたが、中でも特に使い勝手が良くて何度もリピートしているのがカウンタークロス。

キッチンに馴染むナチュラルなカラー

カウンタークロスは、よく飲食店やコンビニのレジ台などでも見かけることの多い、いわゆる使い捨てダスターです。よく見るものはピンク・グリーン・ブルーなど明るい色のカウンタークロスが多いのですが、こちらはベージュ色でナチュラルカラーのカウンタークロス。

私は色があふれるのが好きではないので、白色のカウンタークロスを使っていた時もあるのですが、ベージュの方が汚れも目立ちにくいので気に入っています。

しっかり洗えてすぐ乾くので衛生的

カウンタークロスは衛生面も考えて、基本的には使い捨て用途のダスターですが、洗って何度も使えます。
塩素系漂白剤(キッチンハイター)は使えないタイプが多いですが、タオルや綿などの様に織られていない「不織布」なので、汚れも落ちやすく速乾性があります。洗ってギュッと絞って広げておけば次使うときには乾いているので、生乾きの菌の繁殖や匂いを心配することは全くありません。

カウンタークロスは厚手タイプがおすすめ

カウンタークロスと言うと薄手なので頼りない印象ですが、カウンタークロス ボックスタイプは今までに使ったカウンタークロスの中でも一番しっかりした厚手のタイプで、吸水性が違います。薄手のタイプより触り心地もふんわりしていて、しっかり汚れを拭き取ることができます。

大判なのでカットして使えてコスパも良い

1枚が、約300×610mmと大判なので、半分にカットして使っている方が多いようです。吸水性が良いので初めは大判で食器ふきんとして→その後カットして台ふきんへと格下げして使っても良いかも知れません。
私は、あまり大きくない方が台ふきんとして使い勝手が良いので、1/3(約300×200mm)に切って使っています。

私のカウンタークロスのお手入れ

炊事が片付いたタイミングごとに洗って絞ったものは水切りカゴにかけて干しておきながら、1/3にカットしたカウンタークロスを1日の炊事で1枚使います。
翌朝に、食器用ふきんとカウンタークロスを
  1. 食器用洗剤で洗って、しっかり絞る
  2. 除菌も兼ねて、電子レンジで1分加熱(600wで1分)
  3. キッチンの小窓に干す
その際に前日に干してカラっとしっかり乾いたものと交換します。
小窓に短い突っ張り棒をつけて食器ふきんとカウンタークロスを干しています。(逆光画像ですみません。)

1週間使って、掃除に使った後に処分します

この交換方法で1週間使った後に、最後はクイックルワイパーの代わりに使ったり、掃除に使ってから処分します。
洗って何度も使えるので、貧乏性の私はどこまでも使ってしまいそうになるので(^^;)1/3と小さめにカットして、1週間使って少し毛羽立ってきた頃に処分すると決めている方が合っているようです。

この方法だと1箱50枚のものでも
  • 1/2にカットして使うと約1年
  • 1/3にカットして使うと約1年半
使うことが出来るので、コスパもとっても良いです。ベージュとグレー2色展開あって、保管用のボックスもシンプルです。