猫の里親になるなら里親サイト?譲渡会?保護猫カフェ?

アラフォー夫婦 猫の里親になりたい。里親サイト・譲渡会・保護猫カフェ?
こんにちわ!@ねこだまです。

猫を飼いたいなーと思い、ペット可の賃貸へ無事引っ越した我が家。
新しい賃貸暮らしにも馴染んできたので、猫の里親になるべく、「里親サイト」「譲渡会」「保護猫カフェ」について調べてみました。

アラフォー夫婦だけど、猫を家族に迎えたい

我が家は同棲しだした頃から換算すると12年以上はおふたりさまのアラフォー夫婦。
2~3年程前から、そろそろペットを迎えてもいいかなー(迎えたいなー)と夫婦共に会話に出る事が多くなってきたタイミングで、ペット可の賃貸へ引っ越しました。

ペットショップで買う選択肢は無かった

私は実家暮らしの頃、猫を飼っていました。(最後は老衰で大往生。愛猫でした。)

約15年以上ともに暮らした子は、もともと親戚が拾ってきて家族になった子だった事もあってか、私がこれからまた猫を飼うなら

ショーケースに並んでいる子を買うのはちょっと違うなー

と思っていました。
できれば野良ちゃんで、いいタイミングで出会えたら・・・とは考えていたのですが、まぁそれは現実的になかなか難しい話です。。。

里親制度は敷居が高い( ;`・~・)

・・・というわけで野良ちゃんとの出会いは諦めて、里親サイトを利用しようと調べてみたのですが、
  • お迎えに行くお家が遠かったり(我が家は車がありません)
  • 審査基準がまちまちだったり
  • かなり審査条件が厳しかったり

など、個人x個人の直接のやり取りは、

初心者には敷居が高いなー

と感じました。
そこで、さらに調べていたら、「猫の譲渡会」や「譲渡型猫カフェ」の存在を知ります。

保護猫たちの譲渡会

猫の譲渡会についてはこちらが参考になります↓
譲渡会は有志がボランティアのように運営されていることが多く、開催日が限られていたので残念ながら都合が合わずでしたが、調べてみると全国各地で毎月のように行われています。

譲渡型 保護猫カフェとは、我が家のように里親になりたい人と、保護猫たちが実際に触れあいながらマッチングできる場になるカフェです。
いわゆる猫カフェと同じように、
  1. カフェ料金
  2. 猫ブース料金
を支払う形態で(カフェのみでもOKの所が多い)、運営資金・利益の一部は、猫たちの保護費に当てられていることが多いようです。


保護猫カフェの特徴は、

  • 日時・時間に制約がなく猫を見に通うことができる
  • 緊張していない自然体の猫の様子を見れる
これが、我が家にはしっくり来たので、保護猫カフェに、まずは一度行ってみることに決めました!

猫に限らず、ペットを家族に迎えることは命の責任を負うことと同じ。買い物感覚でノリで決めることは出来ません。

その場の雰囲気流されること無く、変に焦らず、一番良い状態でゆっくりお迎えできればと思っています。
次回は人生初「譲渡型 保護猫カフェ」に行ってみた感想をエントリーします😊

2018年8月18日追記

念願の里猫ちゃんをお迎えしましたー

フォローしてくださると嬉しいです❤

⚡最新情報を配信中