風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!?

風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!? 風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!?
こんにちわ!ねこだまです。

2018年9月、国立感染症研究所より風疹感者数が昨年の5倍を越えていると発表されました。その中でも男性は女性の4倍近く、年代は20~40代が目立ちます。

なぜアラサーアラフォー世代の感染が多いのか、ワクチン接種が必要なのかについてまとめました。

なぜ働き盛りの男性に風疹が流行しているの?

20代~40代の風疹患者が多いのは、国の定める予防接種についての基準が度々変更されたことに起因します。

風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!? 風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!?

妊娠を考えるならなるべく早くしておきたい3つのこと【予防接種】|ゼクシィ

この図のように、

  • 制度開始当初は、女子のみ学校で集団接種
  • 男女が医療機関で接種
  • 1度のみ医療機関で接種
  • 2度医療機関で接種

と度々基準が変更されています。

アラサー・アラフォー世代の男性は風疹感染率が高い

昭和62年以前の男性は、風疹ワクチンの接種を受けていない人が多くなり、昭和54年以前の男性に関しては1度も風疹ワクチンの接種を受けていない可能性が非常に高いです。

妊娠を希望する女性は早めに風疹ワクチンを接種

特に、妊娠中はワクチンを接種することはでき無いため、妊娠前に風疹ワクチンを接種しなければいけません。

風疹の症状

風疹はインフルエンザの10倍とも言われる感染力の強い「風疹ウイルス」によって起こる感染症です。風邪などと同じ様に飛沫感染(くしゃみや咳、会話)します。

  • 発疹・関節痛
  • 38度前後の発熱
  • 首や耳などのリンパの腫れ

このような症状が現れ、特に大人の感染は重症化することが多いようです。また、風疹に効く特効薬は現在無いので、ワクチン接種による予防が必要です。

妊婦の感染は胎児への影響が心配

風疹自体は風邪に近いような症状ではありますが、妊娠初期の妊婦が風疹ウイルスに感染してしまうと、生まれてくる赤ちゃんに障害が出る可能性が高くなります。

これを「先天性風疹症候群」といい、発達障害・心疾患・難聴や網膜症など胎児への影響が懸念されます。

女性も再度ワクチン接種の必要性があります

先に述べた男性に限らず、平成2年以前に生まれた女性は、過去にワクチンを摂取していても風疹に感染する人が多い世代です。
それは、風疹ワクチンの摂取回数の違いによるためです。

風疹ワクチンの1回の接種では十分に抗体ができないケースがあるのです。(現在は2回の接種が定められています。)

自分がワクチンを受けたかわからない人は風疹抗体検査

幼少期や子供の頃に受けているはずの風疹ワクチン。

でも、自分が風疹ワクチンを受けたかどうかは分からない人が多くいるのが大半。「母子手帳で確認を」とは言われていますが、アラフォー世代にもなると母子手帳そのものが無い人や親の記憶が定かでない人大半ではないでしょうか?

風疹ワクチン接種の必要性は、抗体検査で確認することができます。

風しん抗体検査は無料で受けれる自治体も

政府は、2020年の東京オリンピックまでに風疹の完全抑制を目標に掲げています。

風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!? 風疹流行中!30~50代男性はいつ感染してもおかしくない!?

そのため、風疹ワクチン抗体検査を無料で実施している自治体も増えていますのでお住まいの自治体でご確認ください。(下記の一例は大阪市)
大阪市:風しん抗体検査実施のお知らせ (…>成人の健康>検査・健診)

大人の風疹ワクチンの接種は保険適応外となり 6000円程度ですが、接種費用の一部助成を行っている自治体もあります。

風疹のワクチン接種の必要性についてまとめ

ワクチン接種の必要性が高い順にまとめるとこのようになります。

風疹のワクチン接種が必要な人
  • 妊娠を希望する女性(最重要)
  • その女性のパートナー(最重要)
  • 現在30代以降の男性
  • 現在20代の男女

特に働き世代の男性で、職場に女性の多い方・仕事で海外に行かれる事がある方はワクチン接種の必要性をご検討ください。
風しんについて|厚生労働省


⚡2018/10/02追記
風しん抗体検査が一部を対象に無料で受けられるようになりました。(来年度より)

厚生労働省は30代から50代の男性を対象に、免疫が十分あるか調べる抗体検査の費用およそ5000円を来年度から国と自治体で半額ずつ負担する方針です。これまでも、自治体によっては、妊娠を希望する女性のほか、妊婦の夫などが無料で抗体検査を受けられましたが、その対象が広がることになります。
風疹抗体検査 30代から50代男性対象に公費で全額負担へ | NHKニュース

'.esc_html(get_the_title()).'
'.esc_html(get_the_title()).'

フォローしてくださると嬉しいです❤

⚡最新情報を配信中