《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪

月光園鴻朧館に宿泊した口コミ・感想を写真つきレビュー。関西屈指の温泉地「有馬温泉」の中でも数少ない源泉かけながしの金泉と銀泉、両方満喫出来るハイクラスホテルです。お得に宿泊できた方法もご紹介します。

有馬温泉の交通アクセスはバスが便利

兵庫・大阪に住んでいるなら馴染みの温泉地「有馬温泉」。神戸の山の上の方に立地するので、以前は車がなければ不便でしたが、最近は交通の便がずいぶん良くなりました。

  • JR新大阪・大阪・・・高速バスで60分程
  • 阪急西宮北口駅発・・・市営バスなら80分程

有馬温泉 – 大阪|阪急バス 高速バス
さくらやまなみバス|西宮市

有馬温泉 月光園 鴻朧館の外観

月光園 鴻朧館 外観とロビー
月光園 鴻朧館 外観とロビー出典:月光園 鴻朧館

有馬温泉駅周辺のお土産店や食事処、日帰り入浴施設などがある人通りの多い坂道を10分程上がっていくと現れる、有馬らしからぬ洋風でオシャレ建築の建物が『月光園 鴻朧館』。

チェックインの時間帯に行ったので、案内係のベルマンが玄関前で待っていてくれました。

やっぱりハイクラスー♪

有馬は急な細い坂道ばかりで、足に自身のない世代・人には歩いて移動するだけなのは少し厳しいですが、だいたいどの施設も送迎があるので安心です。

私達は歩きましたが、鴻朧館も予約すれば送迎があります。

ツインルームセミスイートに宿泊

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
セミスイートルーム

布団よりベッドで寝たい派なので、今回はちょっと贅沢にセミスイートにしました。縦長に広々としたお部屋で、

気兼ねなく使えるマッサージチェアが嬉しい
ウェルカムドリンク(桜茶)と湯上がり無料のビール
ウェルカムドリンク(桜茶)と湯上がり無料のビール

お部屋で案内係の方に用意していただいた桜茶を頂き、浴場では湯上がりビールが無料でした。

お風呂は姉妹館の游月山荘も利用可能

巨大な土地を存分に使って建てられた施設の中に、今回宿泊した洋風の『月光園 鴻朧館』と、姉妹館で和風の老舗『月光園 游月山荘』が隣り合って建っていて、宿泊者はどちらの入浴施設も利用できます。

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
渡り廊下 月光橋出典:月光園 鴻朧館

施設内に流れる川にかかった月光橋で両者のお宿を行き来出来ます。

有馬と言えば『金泉』『銀泉』

渡り廊下(月光橋)を渡った游月山荘側に、源泉かけ流しの露天風呂があります。

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
源泉かけ流しの金泉(赤湯)出典:月光園 鴻朧館

鉄分が多い金泉は褐色の濃いにごり湯なのでぎょっとするかもしれませんが、保湿・保温効果があります。日本最古のお湯として有名なのでぜひ入ってみて欲しいです。

成分の濃い源泉なので、肌の弱い人なら、少し刺激が強いかも知れません。長湯に注意。

お食事は朝夕和食処「弓張月」

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
日本料理「弓張月」出典:月光園 鴻朧館

朝夕の食事はこちら「弓張月」半個室の同じ席で用意していただきました。和室の人は部屋食だったり、お子様連れなどの場合は個室だったり配慮されているので、静かにゆっくりお食事できました。

お食事の写真

朝晩と違った川沿いの景色を眺めながら、掘りごたつ式の席でゆっくりいただけました。

夕食

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
夕食 お品書き
《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
夕食のお写真

朝食

朝食は定食ですが、温かいもの・冷たいものそれぞれ一番良いタイミングで用意してくれました。

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
朝食:だし巻き・鮭・湯豆腐・イカのお造りなど

前日の夕食で贅沢した胃袋を休められる、和食ならではの優しい献立。

鴻朧館はチェックアウトが12:00だったので、朝食後に温泉に入ったりとゆっくりできるのも朝の弱い夫には嬉しいポイントでした。

ハイクラスなお宿も早割プランでお得に♪

老舗の高級旅館が多い有馬。月光園鴻朧館・游月山荘もハイクラスなお宿です。いつもなら我が家の宿泊リストには入りませんが、今回は一休.comの早割プランで

3万円ちょっとで宿泊(大人二人 平日泊)

できましたー✨通常なら2人で5万円クラスのお宿ですが、平日限定や・早割プランをうまく利用するとかなりお求めやすく利用できまーす!

《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪
《有馬温泉 月光園鴻朧館》の宿泊レポ |金泉銀泉 両方満喫♪

フォローしてくださると嬉しいです

更新通知⚡を配信中