毎日の「お酢」習慣がもたらす10の健康美容効果がスゴイ!

毎日の「お酢」習慣がもたらす10の健康美容効果がスゴイ!

発酵調味料のお酢は「内臓脂肪減少」「血糖値の上昇を防ぐ」「高血圧の予防」「代謝改善」とアラフォー世代にぴったりの生活習慣病予防に嬉しい効果があります✨代謝をアップすることでダイエット効果も♪ お酢を続けて摂取すると嬉しい健康効果や、私のお酢の摂り方をご紹介します!

アラフォー世代こそ摂りたいお酢

日本には「豆腐・納豆・漬物・海藻類・しょうゆ・味噌・酢」など、日本人の体質に合う栄養が摂れて理にかなった食べ物がたくさんあります。

中でもお酢は、アラフォー世代にぴったりの生活習慣病に嬉しい効果がたくさんある毎日摂りたい健康調味料✨ですが、

「健康に良い事は知っていても、ちょっと苦手」
「どうやって摂ればいいかわからない・・・」

と敬遠しがちな事も多いお酢。この記事では、お酢を続けて摂取する事で恩恵が受けられる健康・美容効果や、私のお酢の摂り方をご紹介します!

そもそもお酢とは?

お酢とは、糖質を含む食材をアルコール発酵させた後に、さらに酢酸(さくさん)発酵させた酸味のある発酵調味料です。

穀物や果実を原料にした醸造酒を、酢酸菌(アセトバクター属)で酢酸発酵して得る。
酢 – Wikipedia

原料はそれぞれ異なりますが、世界中で作られているお酢。代表的なものはこちらです。

  • 日本 ・・・ 米から発酵させた米酢・穀物酢など
  • 欧米 ・・・ 果実から発酵させたシードル(リンゴ)酢・バルサミコ酢・ホワイトビネガーなど
  • 中国 ・・・ 玄米から長期熟成させた黒酢・香醋など

お酢のすっぱい成分は酢酸(さくさん)

お酢の主成分は『酢酸(さくさん)』と呼ばれる成分です。お酢のすっぱい味はこの酢酸(さくさん)から来ていて、原料によってそれぞれ風味は異なりますが、全ての酢に『酢酸(さくさん)』は含まれています。

この、酢酸(さくさん)がとっても良い働きをするのですー

お酢の健康効果 : 生活習慣病に効果あり!

生活習慣病にお酢が効果あり
お酢で内蔵脂肪対策

お酢に含まれる、『酢酸(さくさん)』は

  1. 血糖値の急上昇防止(糖尿病の予防効果)
  2. 血圧を下げる(血管を広げ、血液サラサラ効果)
  3. 内臓脂肪を減らす(アミノ酸で脂肪燃焼促進)
  4. 高血圧予防 (お酢を使って減塩)
  5. 大腸がん予防(腸内環境改善)
  6. アレルギー対策(アミノ酸で免疫力アップ)
と、糖尿病・高血圧・内臓脂肪を代表する3大生活習慣病に嬉しい予防効果があります。

お酢の美容効果も、もりだくさん

また、アラフォー世代には嬉しい美容効果も✨

  1. 更年期の代謝アップ&維持 (代謝を活性化)
  2. の健康(酢で調理する事で溶け出すカルシウムを摂取できる)
  3. 便秘改善(胃酸の分泌促進・善玉菌を増やす)
  4. くすみ解消(ビタミンCが効果的に働く)
このように、健康的なお通じを促すだけでなく、基礎代謝を上げる効能でダイエットにも効果があります!

お酢の摂り方&適量

お酢の摂り方と適量


お酢は毎日 15ml の摂取が効果的とされています。15mlとは「大さじ1杯 (小さじ3杯)」と少量ではありますが、お酢としてそのまま摂るには
結構きつい量

ですね。

空腹時は酸が強く、刺激があって胃を荒らす原因になるので原液で飲まない事をおすすめしますー

毎日摂ると健康に良い効果が実証済み

お酢は毎日を取り続けることで効果が出たとの発表がありましたが、なんと摂取をやめてしばらくすると数値が悪い方へ低下(もとに戻って行った)との補足がありました。つまりお酢の恩恵を受けるには、

「できるだけ毎日、適量を無理なく摂取すること」が必要です。

ドリンクとして毎日摂るのもおすすめ

調理に使っても、実際に口にする量は少なくなるので、ドリンクの割材として食事中にさっくり摂る方が効率的。
酸味のある果実系ドリンクはもちろんのこと、
ごくごく飲める♫林檎のビネガーウォーター 【クックパッド】こんな変わり種の乳酸菌レシピや
ヤクルトビネガーシェイク 【クックパッド】チューハイや梅酒などの割材に足してみたり、
バルサミコ梅酒 【クックパッド】ビール好きならレッドアイに少量足しても意外とおいしいですよー。
黒酢de健康⭐︎レッドアイ【クックパッド】

お酢につけてこまめに摂取

おだやかな殺菌効果のあるお酢は昔から保存食や鮮度が大切な調理(お寿司など)によく使われます。

切って酢につけておいておくだけで、簡単にできる酢漬け野菜を常備して、食事の度にこまめに摂るのもおすすめです(^^)

一時流行った酢玉ねぎや
【クックパッド】 酢タマネギ 作り方のレシピ 

洋食にも合わせやすい酢キャベツも使いやすいです。
【みんなが作ってる】 酢キャベツのレシピ 

番外 : 味噌汁にお酢

味噌汁にお酢
具だくさん味噌汁にちょい足しお酢が美味

いろいろとご紹介しましたが、私のお酢のとり方は、毎朝の味噌汁に少量のお酢!

「えーーーーーーーーー( ;´Д`)!」

と言われてしまいそうですが、このように世の中には味噌汁にお酢のレシピもあるようですー。

信じられないかもしれませんが、お味噌汁にお酢を加えることをおすすめしています。
vol.3 お酢の基礎知識(3) – 手作り研究会|日本ハムの消費者モニター「奥様重役会」

✿味噌汁に「酢」で、健康づくり♪ 【クックパッド】
栄養も採れる日本のスープ、具だくさんのお味噌汁がおすすめです。
根菜のお味噌汁 by 春菜食堂ϋ♡ 【クックパッド】

 

私は味噌汁を朝食にほぼ毎日作るので、その際に

小さじ1~2くらいのお酢を足しています。

味噌とお酢のダブルの発酵食品が一度にお安く手軽に摂取できて一石二鳥♡


最初は恐る恐るだった「味噌汁にお酢」ですが、今では少量だと物足りなく感じることも!

私は食べる直前に加えていますが、お酢は加熱しても効果が変わらないので、お酢の酸味や酸っぱい香りが苦手な方は加熱前に加えると酸味や香りがゆるやかになります。

お酢がどうしても苦手な方はサプリで摂るのもおすすめです💡

⚡更新: お酢の種類別使い分けについて記事を書きました。

毎日の「お酢」習慣がもたらす10の健康美容効果がスゴイ!
毎日の「お酢」習慣がもたらす10の健康美容効果がスゴイ!

フォローして更新通知⚡を受けとる

コメントもどうぞ